はじめに

Processingの魔道書について

これはなに?

 この魔道書は「遊んで学ぶ はじめてのプログラミング ~Processingの魔法学校~」の付録です。 インストールについての説明や、本に登場するサンプルプログラムの簡単な紹介魔法の言葉(Processingの一部関数などの日本語の説明)などがあります。 左のメニューから選んでみましょう。

遊んで学ぶ はじめてのプログラミング

 プログラミングを学べる魔法学校へようこそ! この学校では、コンピューターを使って不思議な絵を描いたり、ゲームを作ったりします。

 使うのはProcessing(プロセッシング)というプログラミング言語。コンピューターと話すときに使う、魔法の言葉です。この魔法の言葉は、短く簡単な書き方からはじめられるので、はじめて本格的なプログラミングに挑戦するときにぴったりなんです。

※MIT(マサチューセッツ工科大学)で生まれたProcessingは、教育やアートの方面でよく使われています。基本の書き方は一般的なJavaのコードとほぼ同じ(Javaで作ったライブラリと開発環境のセット)なので、次のステップへの橋渡しとしても最適です。

 実際に絵を出して動かしたり、お絵かきツールや不思議なアート、アクションゲーム、簡単なRPGを作ったりしながら、少しずつプログラミングに使える魔法の言葉や、考え方のコツをつかみましょう。

購入するには?

 全国の書店やオンライン書店でお求めください。

遊んで学ぶ はじめてのプログラミング ~Processingの魔法学校~
著者:西田竜太 低下:本体2200円+税 ISBN:4798046345 ISBN:978-4798046341

書籍の裏話やレビューについてはこちらへどうぞ。

※また、関連図書の「遊んで作るスマホゲームプログラミング」は、この本よりも少し上級の、ゲーム作りに特化した別の本です。


ホームに戻る